対物超過修理費特約のあるバイク保険

自賠責保険は、対人保障が主な内容になっているので、物損などの補償はありません。そのため、自賠責保険に追加する形で加入するバイク保険は、対物超過修理費特約が含まれているものを選ぶことをおすすめします。

この対物超過修理費特約とはどのような内容なのかというと、車の評価額が修理費よりも低くなってしまった場合や、時価額しか支払われないなどの時に、時価額にプラスして限度額まで賠償金を上乗せすることができるバイク保険になります。

修理費が時価額を上回った場合には、経済全損という扱いになり、法律で時価額までの補償で良いと決められています。少し前のバイクに乗っているような場合、プレミアが付いていても、定価から年数の割合ごとに価値が下がるような計算が行われ、補償金額が変わってしまいます。

現在は旧車などが当時の十倍以上の価格で取引されていますが、現在価格ではなく、当時の価格からの計算になってしまう可能性があるのです。そういった場合には、経済全損でもらえる修理費用だけでは修理をすることができません。しかし、対物超過修理費特約があれば、補償された修理費に限度額分まで追加されるので、しっかりと補修することができるようになっているのです。